【期末・年度末】余った予算を動画制作に活用する

  • 2021年7月28日
  • 2021年7月28日
  • 動画
本日は中小企業経営者向けのご案内となります。
企業によっては9月に期末を迎える企業も多いのではないかと思います。
期末や年度末を迎える企業によっては、
「余った予算で動画制作したい」という声もたまに頂きます。
余った予算の有効的な活用方法として
「動画製作」がおすすめです!

予算消化として、動画制作をおすすめする理由

予算消化におすすめな理由は3点あります。

①短期的な売り上げに繋がり、中長期的な投資に繋がる

動画の制作の内容や目的や内容によりますが、動画自体が
テキストの情報量の5000倍の情報
を伝達することが出来ており、プロモーションや認知に大変効果的です。
実際に、一流のコピーライターと言われる方も動画を使ったプロモーションを今、力を入れています。
動画はストック型の要素もあり、一度作ってしまえば中長期的な投資にも繋がります。
②面倒な準備が必要ない
動画制作で最も重要なのは目的の整理です。目的の整理さえできてしまえば、こちらでどのような動画を作るべきか検討し、
必要なものを揃えてきます。
依頼者側ではシナリオの作成やチェックのみしていただければ、依頼主の方で動画撮影や編集の為の準備したり、揃えたりする必要はございません。
③ノウハウが必要ない
初めて動画を作る方の中には動画制作のノウハウを事前にインプットしていないといけないのでは
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
これまで100本以上動画制作実績があり、何度も動画制作の初心者、未経験者のサポート経験があるので、ご不安なことがありましたら、
ご相談頂き、一緒に解決しながら進めていくことが出来ます。

動画制作し企業が活用するメリットとは

企業において動画を活用するメリットは、短時間で多くのことをアピールすることがメリットだと思います。
なぜなら、動画は文字の5000倍の情報量を伝達することができて、
メラビアンの法則でいう、
視覚情報・言語情報・聴覚情報の全てに当てはまり効果的に情報を伝達することができるからです!
なので、企業が中長期視点が考えた時に動画活用は効果的であると言えると思います。
特に、これからのビジネスのあり方として、オンライン活用は必須となります。
実際に弊社と取引のある企業も、これまでは動画活用に力を入れていなかった会社や対面セミナー、対面でのサービス提供に力を入れていた会社がオンラインを活用した集客に取り組み始めています。
e-learningコンテンツの制作依頼なども去年が増えております。
余った期末予算をその場限りの目的で使うのではなく、中長期的な投資として使うのはいかがでしょうか。
動画を活用する際には、目的別にポイントを押さえるのがとても重要です!
動画の編集だけでなく、撮影も可能なので、丸ごと動画制作の依頼をして頂けます。
制作する動画を明確にした上で、実績豊富なクリエイター会社にお願いするのがおすすめです!
========================================
【限定3社限定で制作依頼受付します!】
現在、来月制作依頼が入っている会社、継続支援会社もある為、
今回3社限定で制作依頼受付します!
詳細気になる方は今すぐ以下のお問い合わせフォームより
個別相談のお申し込みをしてください。
最新情報をチェックしよう!
>お問い合わせ

お問い合わせ

無料カウンセリングやっています! お気軽にご相談くださいませ!